申し訳ありませんが、まだデータがありません。

愛車

中古車とはいったん別のドライバーによって使われた乗用車です。

新発売の最新の車に比べると機能が少し落ちるかもしれませんが、購入価格が安く抑えられるメリットがあります。価格を一律にして中古車を専門に販売している業者さんもあります。走行距離や年式などにもよりますが、日々のメンテナンスには新車以上に注意が必要になります。車を下取りしてもらう場合もそうですが、いくつかのお店を回って比較検討する方がよいでしょう。

中古車の文化
日本国内においては新車と中古車の流通量に比率で2:1となることからも分かるように中古車文化が根付いているとは言えません。新車に対する信頼感と憧れがあるため、新車の文化と言えます。

一方で欧米諸国では、この比率が逆になり1:3と中古が新車の3倍ほどになるのです。それくらい中古の文化が根付いていると言えます。特にクラシックカーのようなプレミアム的価値のある車は、中古であるのが前提であり、同時に欧米のメーカー産であることも一因となっています。

中古車のメリット
中古車のメリットとしてまず新車と比べて安いということが挙げられ、同じ予算でもより高級な車を買うこともできます。同じ車種でも新車の半額で手に入るということもあります。

次に生産販売を終了した車でも買うことができます。現在のデザインが気に入らなくて生産が終了した前のデザインがいいという人でも最近のものであればある程度は見つけることができます。

そして、納車にあまり時間がかからずすぐに買って乗りたい時にはぴったりです。

高級車

フロアマットとは車室内の床に敷くマットのことで、断熱や防遮音の効果があるとともに、車の内装の中でも大きくイメージを変えることができるパーツです。

アルファード等3列シートの車では各座席の下のマットは特に痛みやすいです。中古車の購入をした場合でも、フロアマットの交換をする人が多いです。しかし、純正のものは高価で、また消耗品であるという理由で社外品の購入を検討する場合も多いです。オーダーメイドできるお店や車種に合ったサイズのものを売っているお店も多くあります。

中古車のフロアマットの注意点
中古車のフロアマットの注意点として、すり減っていないか確認することが重要です。たとえ車体に傷がついていなくても、へこんでいなくても、あるいはコーティングが剥がれていなくても、フロアマットだけは悪くなっていることが多いです。

良いお値段のマットは、一般的に、十年使っても悪くならないと言われますが、安いマットだと、五年も使えばすり減ってしまうものです。一般的なディーラーでは、マットのみの購入・取り付けもできるので、考えてみるのもよいでしょう。

フロアマットの活用法
愛用車に特性のフロアマットを敷き詰めると、とても雰囲気が出て普段のドライブを楽しめます。フロアマットは、車を汚れや傷から守る役目もあるためにしっかりした素材でできており防水加工も施されています。

車は、何年も使う大事なものなので、車に乗ってて気持ちよくなり、なおかつ故障が原因にならないように、こだわったほうがいいです。中古車を他人が使ってたのが嫌な場合には、購入した際に入れ替えてもいいですし、アルフォードなどの車は、特注のマットもあります。

オススメリンク

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2014年12月
« 5月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031